かんたんで美味しいお茶の入れ方

Photographer:五十嵐壯享

お茶の香りと甘味をひきだすヒミツ

お茶は、熱めのお湯をそそぐと香りがたち、ぬるめのお湯をそそぐと甘味がでます。
そこで今回は、初心者のかたでも簡単にできるように、香りをだすお湯、甘味をだすお湯というように、あえて2回に分けて急須にそそぎ、お茶のうま味を抽出する入れ方をお教えします。
慣れてくると、さましたお湯を急須へ一度にそそぐやり方でも、お茶のエッセンスがひきだせるようになります。二杯目のお茶の入れ方を参考にして、いろいろ試してみてください。





chaneko.jpg

新鮮な沸かしたてのお湯を用意して、
さあ、お茶をいれましょう。

お湯のはなしLinkIcon

_MG_0537.JPG


1.急須は、あらかじめお湯を入れてこぼし、
温めておきます。約5gの茶葉(大さじ1杯)
を急須に入れます。

_MG_0543.JPG


2.沸騰させたお湯を、茶碗に約7分目入れてさまします。このプロセスで、お湯の温度がだいたい80度になります。

_MG_0544.JPG


3.一つの茶碗のお湯を
湯ざましに移しておきます。

_MG_0547.JPG


4.茶葉を急須の後側に寄せておきます。

_MG_0548.JPG


5.はじめに、茶碗の熱い方のお湯で、
お茶の香りをだします。お湯は、
茶葉に直接かけないように急須に入れます。

_MG_0551.JPG


6.時間をおかないで、香りを抽出した
色の薄いお茶を手早く茶碗につぎ分けます。


_MG_0563.JPG


7.急須のフタを取り、左手に持ちかえて、右手
で急須の尻をたたいて、茶葉を後側に寄せます。

_MG_0564.JPG


8.つぎに、湯ざましに入れてさましておいたお湯
で甘みをひきだします。お湯は、茶葉に直接かけないように急須に入れます。

_MG_0567.JPG


9.お茶を細かくつぎ分けていきます。
急須の中の茶葉を手前の方へ回して、
お茶をゆっくりつぎます。

_MG_0571.JPG


10.さらに急須を後ろに傾けて茶葉を浸し
ながら、手前に回してふたたびつぎます。
お茶は色も大切ですので、色具合を見ながら
少量ずつつぎ分けていってください。

_MG_0575.JPG


11.お茶の最後の一滴が自然に切れるまで静かに待ちます。このときに、急須を上下に動かさないようにしましょう。激しく振ると渋みがでます。

_MG_0603.JPG


12.お茶のほんとうの色は
「きいろ、きんいろ」。
おいしいお茶が入りました。

ページの先頭へ

二杯目のお茶の入れ方

  1. 一杯目のお茶を入れた後、急須の尻をたたき、茶葉を後側に寄せておきます。
  2. 湯ざましに人数分のお湯を入れます。
  3. 湯ざましのお湯を茶葉にかけないように、急須へ一度に入れます。
  4. 時間をおかないで、急須の中の茶葉を手前の方へ回して、5~6割分のお茶を茶碗に手早くつぎわけます。(香りをだす色の薄いお茶)
  5. 残りの約4割分は、急須を後に傾けて茶葉を浸してから手前の方へ回して、少量ずつお茶をつぎわけていきます。お茶の色をみながら、これを3~5回繰り返してついでいきます。
  6. お茶は、最後の一滴が切れるまで茶碗に入れましょう。

IMG_2147m.jpg








東京・築地の日本茶専門店「うおがし銘茶」は、若い世代にも日本茶を楽しんでほしいと、カフェに立ち寄るのと同じような感覚で、日本茶を購入し、飲むことができるモダンな茶舗です。



うおがし銘茶 築地新店
茶の実倶楽部
TEL.03-3542-2336
10:00―18:00 日・祝定休
東京都中央区築地2-11-12
日比谷線築地駅/築地本願寺方面出口より1分
http://www.uogashi-meicha.co.jp

_MG_0515.JPG
「うおがし銘茶 築地新店」店長、岡本直也さんが入れるお煎茶の味わいは、誰もがうなずく絶品。一服のお煎茶がこんなにおいしく、心も癒してくれるものだったのかと、あらためて思います。
「今日は、お煎茶の入れ方をご覧に入れますが、お茶の入れ方や味に方程式のようなものはないので、堅苦しく考えずに、自由に、気軽に、日本茶を楽しんでください」と岡本さん。
おいしいお茶を飲みたい、飲んでいただきたいという気持ちが、大切なのかも知れません。

ページの先頭へ

しあわせおだし

ふうわり、しあわせ香る一番だし

ichiban_title.jpg

昆布とかつお節の一番だし。ひきたての出汁から立ちのぼる香りは、しみじみと日本人を魅了します。

もったいないという美徳、二番だし

niban_title.jpg

一番だしをとり終えたあとの素材に残る二番目のうま味を引き出す二番だしは、食材を大切に使う日本人の美徳です。

豊かなコクと深い味わい、煮干だし

niboshi_title.jpg

朝の始まりをつげるお味噌汁には、煮干しのだしがよく合います。

知っておきたい〈だし〉の素材

sozai_title.jpg

かつおぶし、こんぶ、にぼし、しいたけ、日本の出汁の代表的な素材をまとめました。

美味しいおすすめ

osusume_title.jpg

上質な素材が手に入る老舗を紹介!

季刊ちゃぶだい創刊号

【特集】江戸の海から東京湾へ
・江戸前と江戸の食文化
・開発と環境回復のくり返しの中に
・東京湾のアナゴ漁を追う!
・アマモで蘇れ!未来に残す東京湾
【環境を考えるひと】
加藤登紀子さん インタビュー
「ひらがなで環境を考えたい」
【小特集】江戸職人の粋と意気
LinkIcon江戸桶「桶栄」

詳しく見るLinkIcon

季刊ちゃぶだい第2号

【特集】いま新鮮!江戸野菜
LinkIcon亀戸大根、五十年。
LinkIcon華のお江戸 野菜自慢
・江戸の衣食住を楽しむ町 小金井
【特集】纏う、繕う、きもの。
・古布創作家 永松朝子さん
・江戸に学ぶ着物のリサイクル
・きもので和稽古しましょ
【環境を考えるひと】
加藤登紀子さん×坂本龍一さん
京都議定書記念シンポジウム対談

詳しく見るLinkIcon

アタラフルイ商店

neko007.jpg

丁寧に手づくりされたもの
自然素材でできているもの
長く使い続けられるもの
環境への思いやりと
人へのやさしさがあるもの
伝えていきたい日本の文化を
支えてくれるもの
アタラフルイ暮らしのものを
ご紹介します。

アタラフルイ商店LinkIcon