江戸職人の粋と意気〈江戸桶・桶栄〉季刊ちゃぶだい創刊号

江戸職人の粋と意気

気品と風格を備えた江戸桶は、江戸文化が生み出した実用品

江戸桶 桶栄

edoworks_037.jpgすし桶、湯桶、洗い桶、花桶など、桶といっても多種多彩だが、桶栄はもともと江戸櫃(えどびつ)が専門。
「昔から江戸櫃をつくる結桶師は、一段上に見られていました。特に高い技術を要求されることと、お米という日本人にとっては特別な意味のある食べものを入れる桶ですからね」と、桶栄四代目・川又栄風さん。昨年、3代目の父を亡くし、今は一人で老舗の桶店を支えている。
そんな四代目のつくる白木の江戸櫃は、触るとすべすべしていて柾目も美しく、香りもいい。


edoworks_035-G.jpg素材は樹齢三百年を超える木曽産の良質の椹(さわら)。水気をよく吸い、木の香りがご飯に移りにくい。柾目が詰まっているため保温性が高い。お櫃には最適の木材なのだ。夕飯の残りご飯を一晩おけば、水分が程よくとれて、さらにおいしく食べられる。冷めても旨い。


近年になって、そんなお櫃の効用が見直されて、桶栄の江戸櫃はさらに評判を呼んだ。
ちなみに桶にも土地柄があり、タガが太くて無骨な秋田のもの。華奢で優美な京都のもの。それに比べて、程よい嗚呼積みと実用性を誇るのが、江戸桶で、お櫃に蓋を付けて保温性を高めるのも、実用を重視する江戸人の知恵。

edoworks_040.jpgサワラの原木を柾目に削って、半年天日で乾燥させ、さらに室内で乾かし、ようやく下準備を終える。その後、側板を削り、貼り合わせ、底板とタガをはめて、完成までにおよそ20工程。原木の丸太切りから、すべて手づくりで仕上げる。


edoworks_048.jpg祖父のつくった洗い桶「丁寧に扱えば、三十年は保ちますが、使い方によっては木がやせて、タガが緩んだり黒ずんだりします。そんなときは責任をもって修理を受けています」と語る川又さん。しかし、「大切に使っているかどうかは、みればすぐわかるし、ものを通して家庭の素顔が見えてくる」という。

最近はやりの「もったいない」ではないが「勿体(もったい)」とは「ものものしい様子や態度」を意味するとともに、「人の態度や品格」を表した言葉。一般的には「ものを粗末にすること」をいうが、それは同時に、人としての品格を否定することでもあった。江戸の文化に培われた「もったいない」の精神こそ、江戸の粋というものではないだろうか。

この取材記事は2007年のものです。

LinkIcon季刊ちゃぶだい創刊号では、江戸の技術を今に継ぐ職人の記事を掲載しています。

《お誂足袋》粋な形と理想の履き心地を追求する花柳街・向島の老舗「めうがや」
《江戸指物》外に見せない指し合わせの技でつくられる精緻な生活の道具「江戸指物処 渡邊」
《江戸筆》使い手一人ひとりの技量や好みに応じて手づくりされる一品「筆工房 亀井」
《つづら》軽くて丈夫、通気がよく、インテリアとしても人気が高い衣装箱「岩井つづら店」

しあわせおだし

ふうわり、しあわせ香る一番だし

ichiban_title.jpg

昆布とかつお節の一番だし。ひきたての出汁から立ちのぼる香りは、しみじみと日本人を魅了します。

もったいないという美徳、二番だし

niban_title.jpg

一番だしをとり終えたあとの素材に残る二番目のうま味を引き出す二番だしは、食材を大切に使う日本人の美徳です。

豊かなコクと深い味わい、煮干だし

niboshi_title.jpg

朝の始まりをつげるお味噌汁には、煮干しのだしがよく合います。

知っておきたい〈だし〉の素材

sozai_title.jpg

かつおぶし、こんぶ、にぼし、しいたけ、日本の出汁の代表的な素材をまとめました。

美味しいおすすめ

osusume_title.jpg

上質な素材が手に入る老舗を紹介!

季刊ちゃぶだい創刊号

【特集】江戸の海から東京湾へ
・江戸前と江戸の食文化
・開発と環境回復のくり返しの中に
・東京湾のアナゴ漁を追う!
・アマモで蘇れ!未来に残す東京湾
【環境を考えるひと】
加藤登紀子さん インタビュー
「ひらがなで環境を考えたい」
【小特集】江戸職人の粋と意気
LinkIcon江戸桶「桶栄」

詳しく見るLinkIcon

季刊ちゃぶだい第2号

【特集】いま新鮮!江戸野菜
LinkIcon亀戸大根、五十年。
LinkIcon華のお江戸 野菜自慢
・江戸の衣食住を楽しむ町 小金井
【特集】纏う、繕う、きもの。
・古布創作家 永松朝子さん
・江戸に学ぶ着物のリサイクル
・きもので和稽古しましょ
【環境を考えるひと】
加藤登紀子さん×坂本龍一さん
京都議定書記念シンポジウム対談

詳しく見るLinkIcon

アタラフルイ商店

neko007.jpg

丁寧に手づくりされたもの
自然素材でできているもの
長く使い続けられるもの
環境への思いやりと
人へのやさしさがあるもの
伝えていきたい日本の文化を
支えてくれるもの
アタラフルイ暮らしのものを
ご紹介します。

アタラフルイ商店LinkIcon