表紙のはなし |アタラフルイ暮らし|季刊ちゃぶだい


表紙の写真は、身の回りで見つけた、ちょっとかわいくて、アタラフルイもの。
アタラフルイ話とともに紹介していきます。

P10112890.jpg

角砂糖

昔も今も変わらないものかと思える角砂糖。
時代の流れなのでしょうか、最近は小さめなものが多いように思えます。
また、ナチュラル感のある不揃いのものや、ハート型なども多いですし、カラフルに色がついていたり、花飾りの付いてるものなどさまざまです。
ばら印の真っ赤な箱に、きっちりと、すきまなく詰められてたこの角砂糖。
角がぴんと立って、粗めの粒がキラキラとして、眺めているとなぜだか懐かしさをおぼえます。

P1011041m.jpg

火鉢

しゅんしゅんと鉄瓶にお湯が沸き、パチパチッと炭のはじけるちいさな音。
むかしから火鉢には、単に暖房器具としてだけでない魅力がありました。
お湯を沸かし、餅を焼いたり、お茶を飲み、会話をたのしんだり。
火鉢の火は小さいけれど、囲むように人が集まり、暖を取っていたのでしょう。
炭がじんわりと赤く燃える様子を見ていると、身体も心もあったまるようです。

P101089500.jpg

金魚

日本の夏の風物詩「金魚」。
縁日などの金魚すくいは、多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。
金魚は江戸時代から観賞用として親しまれ、金魚売りや、
金魚すくいのような遊びが、浮世絵にも描かれています。
ゆっくりと舞うように泳ぐ、小さく愛らしい姿はどこか儚くもあり、
昔も今も変わらず、日本人のこころをとらえます。

IMG_1608.jpg

金平糖

でこぼこと、まあるい角がかわいらしい、ちいさな砂糖菓子「金平糖」。
「金平糖は甘い〜甘いは砂糖〜砂糖は白い〜白いは…」
昔からあるこの数え歌では、一番始めに登場します。
ピンクや黄色、オレンジ、水色…ほんのり光を透かすカラフルな色は金平糖ならでは。
口の中でじゃりっと砂糖の粒が砕けて広がる甘い香り。
砂糖の味を楽しむお菓子というのは、今ではかえってめずらしいものかもしれません。

日本に伝わったとされるのは1550年頃。ポルトガルの宣教師からもたらされた献上品のひとつでした。ひと言で言ってしまえば、砂糖の蜜を結晶させていく、といった作り方ですが、大変手間と時間のかかるもので、2週間以上かけて直径1センチ程度の金平糖になるそうです。イラ粉という餅米を細かく砕いたものを核として、砂糖を溶かした蜜を掛け、熱した釜を回転させながら、少しずつ砂糖の結晶をつくっていく。この昔ながらの製法でつくられた金平糖は、日持ちもよく、高級菓子として皇室の慶事にも用いられているのです。

日本茶でおはよう

かんたんで美味しいお茶の入れ方

chaneko2.jpg

おうちで入れるお煎茶を、もっと美味しく入れられるよう、香りと甘みをひきだすカンタンな極意を、うおがし銘茶の岡本さんに教えていただきました。

使いやすい急須のはなし

cha.jpg

おいしいお茶を入れるのには急須にもこだわります。うおがし銘茶で取り扱う、使いやすい急須のポイントを教えていただきました。

しあわせおだし

ふうわり、しあわせ香る一番だし

ichiban_title.jpg

昆布とかつお節の一番だし。ひきたての出汁から立ちのぼる香りは、しみじみと日本人を魅了します。

もったいないという美徳、二番だし

niban_title.jpg

一番だしをとり終えたあとの素材に残る二番目のうま味を引き出す二番だしは、食材を大切に使う日本人の美徳です。

豊かなコクと深い味わい、煮干だし

niboshi_title.jpg

朝の始まりをつげるお味噌汁には、煮干しのだしがよく合います。

知っておきたい〈だし〉の素材

sozai_title.jpg

かつおぶし、こんぶ、にぼし、しいたけ、日本の出汁の代表的な素材をまとめました。

美味しいおすすめ

osusume_title.jpg

上質な素材が手に入る老舗を紹介!

季刊ちゃぶだい創刊号

【特集】江戸の海から東京湾へ
・江戸前と江戸の食文化
・開発と環境回復のくり返しの中に
・東京湾のアナゴ漁を追う!
・アマモで蘇れ!未来に残す東京湾
【環境を考えるひと】
加藤登紀子さん インタビュー
「ひらがなで環境を考えたい」
【小特集】江戸職人の粋と意気
LinkIcon江戸桶「桶栄」

詳しく見るLinkIcon

季刊ちゃぶだい第2号

【特集】いま新鮮!江戸野菜
LinkIcon亀戸大根、五十年。
LinkIcon華のお江戸 野菜自慢
・江戸の衣食住を楽しむ町 小金井
【特集】纏う、繕う、きもの。
・古布創作家 永松朝子さん
・江戸に学ぶ着物のリサイクル
・きもので和稽古しましょ
【環境を考えるひと】
加藤登紀子さん×坂本龍一さん
京都議定書記念シンポジウム対談

詳しく見るLinkIcon

アタラフルイ商店

neko007.jpg

丁寧に手づくりされたもの
自然素材でできているもの
長く使い続けられるもの
環境への思いやりと
人へのやさしさがあるもの
伝えていきたい日本の文化を
支えてくれるもの
アタラフルイ暮らしのものを
ご紹介します。

アタラフルイ商店LinkIcon