書くことは生きること。

P1010781.JPG
我流毛筆の会とは

多くの日本人が魅了される墨でかかれた書画。
しかし自らが書くとなると、「うまい」「へた」という観念が生まれます。「うまい字」「へたな字」とはどういうことなのでしょうか。

我流毛筆の会とはLinkIcon

P1010812.JPG
教室風景

新緑の5月、世田谷ものづくり学校の教室でひらかれる書の会を取材させていただきました。
廃校になった中学校を利用した空間には、墨のにおいと、校舎の懐かしい風景がありました。

我流毛筆の教室風景LinkIcon

te.jpg
文字のチカラ

ことばは、ことだまとして霊的な力を持つものでした。文字は、ことだま呪能をそこに含め、持続させるものとして生まれた。
文字とは、ことばを入れる「器」でした。

文字のチカラLinkIcon

日本茶でおはよう

かんたんで美味しいお茶の入れ方

chaneko2.jpg

おうちで入れるお煎茶を、もっと美味しく入れられるよう、香りと甘みをひきだすカンタンな極意を、うおがし銘茶の岡本さんに教えていただきました。

使いやすい急須のはなし

cha.jpg

おいしいお茶を入れるのには急須にもこだわります。うおがし銘茶で取り扱う、使いやすい急須のポイントを教えていただきました。

しあわせおだし

ふうわり、しあわせ香る一番だし

ichiban_title.jpg

昆布とかつお節の一番だし。ひきたての出汁から立ちのぼる香りは、しみじみと日本人を魅了します。

もったいないという美徳、二番だし

niban_title.jpg

一番だしをとり終えたあとの素材に残る二番目のうま味を引き出す二番だしは、食材を大切に使う日本人の美徳です。

豊かなコクと深い味わい、煮干だし

niboshi_title.jpg

朝の始まりをつげるお味噌汁には、煮干しのだしがよく合います。

知っておきたい〈だし〉の素材

sozai_title.jpg

かつおぶし、こんぶ、にぼし、しいたけ、日本の出汁の代表的な素材をまとめました。

美味しいおすすめ

osusume_title.jpg

上質な素材が手に入る老舗を紹介!

季刊ちゃぶだい創刊号

【特集】江戸の海から東京湾へ
・江戸前と江戸の食文化
・開発と環境回復のくり返しの中に
・東京湾のアナゴ漁を追う!
・アマモで蘇れ!未来に残す東京湾
【環境を考えるひと】
加藤登紀子さん インタビュー
「ひらがなで環境を考えたい」
【小特集】江戸職人の粋と意気
LinkIcon江戸桶「桶栄」

詳しく見るLinkIcon

季刊ちゃぶだい第2号

【特集】いま新鮮!江戸野菜
LinkIcon亀戸大根、五十年。
LinkIcon華のお江戸 野菜自慢
・江戸の衣食住を楽しむ町 小金井
【特集】纏う、繕う、きもの。
・古布創作家 永松朝子さん
・江戸に学ぶ着物のリサイクル
・きもので和稽古しましょ
【環境を考えるひと】
加藤登紀子さん×坂本龍一さん
京都議定書記念シンポジウム対談

詳しく見るLinkIcon

アタラフルイ商店

neko007.jpg

丁寧に手づくりされたもの
自然素材でできているもの
長く使い続けられるもの
環境への思いやりと
人へのやさしさがあるもの
伝えていきたい日本の文化を
支えてくれるもの
アタラフルイ暮らしのものを
ご紹介します。

アタラフルイ商店LinkIcon