「墨色」豆皿制作 |アタラフルイ暮らし|季刊ちゃぶだい

sumiDMa_4c.jpg

たくさんのご来場ありがとうございました

12月14日からはじまった墨色展。師走の折にもかかわらず、
たくさんのかたにお越しいただき、大盛況のうちに5日間の会期を終えました。
たくさんのあたたかいお言葉をいただき、感謝いたします。
墨が持つ、深みとあたたかみのある色を、書と陶をとおして感じとっていただけたでしょうか。
今回販売していた一字書デザインの手ぬぐいや豆皿を、
アタラフルイ商店で取り扱う準備を進めています。
こちらもどうぞよろしく。

P1011192.JPG

P1011167.JPG

P1011189.JPG

P1011188.JPG

P1011187.JPG

P1011186.JPG

P1011169.JPG

P1011182.JPG

P1011190.JPG

P1011184.JPG

ページの先頭へ

豆皿制作のようす

「書」と「陶」のコラボレーション作品が生まれます。

P1011064.JPG

P1011054.JPG

P1011056.JPG

P1011057.JPG

P1011070.JPG

P1011065.JPG

P1011124.JPG

P1011122.JPG

P1011126.JPG

P1011117.JPG

11月29日。「書」と「陶」のコラボレーション作品となる豆皿の制作のため、
茅ヶ崎にある飯田さんの工房におじゃましました。
窯から出したばかりの、まだほんのり温かい200数十枚の素焼きの豆皿。
粉を落とすため、一枚ずつていねいに布で拭きました。
墨色の顔料を溶き、この日のために思い描いていた字を、一字一字書いていきます。
紙に書くのとはまた違う表情に、試行錯誤を重ねる大内さんと田治編集長。
皿の裏側には、これも一枚ずつ撥水剤を施していきます。
太い線や細い線、かすれたものや薄墨のものなど、
さまざまな表現で命を吹き込まれた豆皿が、ずらりと並びました。
このあと釉掛けし、窯入れ。焼き上がりがとても楽しみです。 (sato)

ページの先頭へ

しあわせおだし

ふうわり、しあわせ香る一番だし

ichiban_title.jpg

昆布とかつお節の一番だし。ひきたての出汁から立ちのぼる香りは、しみじみと日本人を魅了します。

もったいないという美徳、二番だし

niban_title.jpg

一番だしをとり終えたあとの素材に残る二番目のうま味を引き出す二番だしは、食材を大切に使う日本人の美徳です。

豊かなコクと深い味わい、煮干だし

niboshi_title.jpg

朝の始まりをつげるお味噌汁には、煮干しのだしがよく合います。

知っておきたい〈だし〉の素材

sozai_title.jpg

かつおぶし、こんぶ、にぼし、しいたけ、日本の出汁の代表的な素材をまとめました。

美味しいおすすめ

osusume_title.jpg

上質な素材が手に入る老舗を紹介!

季刊ちゃぶだい創刊号

【特集】江戸の海から東京湾へ
・江戸前と江戸の食文化
・開発と環境回復のくり返しの中に
・東京湾のアナゴ漁を追う!
・アマモで蘇れ!未来に残す東京湾
【環境を考えるひと】
加藤登紀子さん インタビュー
「ひらがなで環境を考えたい」
【小特集】江戸職人の粋と意気
LinkIcon江戸桶「桶栄」

詳しく見るLinkIcon

季刊ちゃぶだい第2号

【特集】いま新鮮!江戸野菜
LinkIcon亀戸大根、五十年。
LinkIcon華のお江戸 野菜自慢
・江戸の衣食住を楽しむ町 小金井
【特集】纏う、繕う、きもの。
・古布創作家 永松朝子さん
・江戸に学ぶ着物のリサイクル
・きもので和稽古しましょ
【環境を考えるひと】
加藤登紀子さん×坂本龍一さん
京都議定書記念シンポジウム対談

詳しく見るLinkIcon

アタラフルイ商店

neko007.jpg

丁寧に手づくりされたもの
自然素材でできているもの
長く使い続けられるもの
環境への思いやりと
人へのやさしさがあるもの
伝えていきたい日本の文化を
支えてくれるもの
アタラフルイ暮らしのものを
ご紹介します。

アタラフルイ商店LinkIcon