夏のタジン鍋パーティー

夏野菜とお魚のタジン 

P1010850.JPG

野菜はすべて皮をむき、エビの背わたを取り除きます。
タラは小さな骨を取っておくと後で食べやすいです。
じゃがいも、にんじん、ピーマン、トマト、レモンは、
各5〜6mmの輪切りに、アスパラ、エリンギは
食べやすい大きさに切ります。
イタリアンパセリ、にんにくはみじん切りにします。

P1010854.JPG

タジン鍋に火の通りにくい、にんじん、じゃがいもから敷き並べ、真ん中にタラをのせます。
その上にピーマン、アスパラ、エリンギ、トマト、レモンを並べ、エビをのせます。

P1010857.JPG

パセリとにんにくを散らし、オリーブオイルをまわしかけます。
パプリカパウダーとジンジャーパウダーは混ぜ合わせてから全体に振りかけ、塩コショウを軽くしてからフタをして、弱火にかけます。

P1010860.JPG
じわじわとあたためて野菜の水分で煮込みます。
蒸気が逃げてしまうので、途中でフタを開けないように!

鍋に耳を近づけるとふつふつと煮込んでいる音がしてきます。
火にかける時間は40〜50分くらいが目安。
この間、他の付け合わせなどを用意してもいいですね。

P1010890.JPG

野菜と魚から出たおいしいスープは、一緒にいただきます。
好みでオリーブの実を散らし、出来上がり!

お魚やエビからでた出汁と、野菜のうま味がギュッと凝縮されたおいしさ。
スパイスとレモンの酸味が効いてさっぱりいただけます。




材料(約4人分)

タラ 2切れ
エビ 4尾(カラ付き)
じゃがいも 2個
にんじん 1本
赤・黄ピーマン 2個
アスパラ 2〜3本
エリンギ 2〜3本
トマト 2個
レモン 1個

イタリアンパセリ 適量
にんにく 1片

オリーブオイル 50cc
パプリカパウダー 小さじ1
ジンジャーパウダー 小さじ1
塩・コショウ 適量
オリーブの実 好みで適量

お魚はタイなどでもおいしくできます。野菜はこのほか、玉ねぎ、なす、ブロッコリー、ズッキーニなどもよく合います。

ページの先頭へ

しあわせおだし

ふうわり、しあわせ香る一番だし

ichiban_title.jpg

昆布とかつお節の一番だし。ひきたての出汁から立ちのぼる香りは、しみじみと日本人を魅了します。

もったいないという美徳、二番だし

niban_title.jpg

一番だしをとり終えたあとの素材に残る二番目のうま味を引き出す二番だしは、食材を大切に使う日本人の美徳です。

豊かなコクと深い味わい、煮干だし

niboshi_title.jpg

朝の始まりをつげるお味噌汁には、煮干しのだしがよく合います。

知っておきたい〈だし〉の素材

sozai_title.jpg

かつおぶし、こんぶ、にぼし、しいたけ、日本の出汁の代表的な素材をまとめました。

美味しいおすすめ

osusume_title.jpg

上質な素材が手に入る老舗を紹介!

季刊ちゃぶだい創刊号

【特集】江戸の海から東京湾へ
・江戸前と江戸の食文化
・開発と環境回復のくり返しの中に
・東京湾のアナゴ漁を追う!
・アマモで蘇れ!未来に残す東京湾
【環境を考えるひと】
加藤登紀子さん インタビュー
「ひらがなで環境を考えたい」
【小特集】江戸職人の粋と意気
LinkIcon江戸桶「桶栄」

詳しく見るLinkIcon

季刊ちゃぶだい第2号

【特集】いま新鮮!江戸野菜
LinkIcon亀戸大根、五十年。
LinkIcon華のお江戸 野菜自慢
・江戸の衣食住を楽しむ町 小金井
【特集】纏う、繕う、きもの。
・古布創作家 永松朝子さん
・江戸に学ぶ着物のリサイクル
・きもので和稽古しましょ
【環境を考えるひと】
加藤登紀子さん×坂本龍一さん
京都議定書記念シンポジウム対談

詳しく見るLinkIcon

アタラフルイ商店

neko007.jpg

丁寧に手づくりされたもの
自然素材でできているもの
長く使い続けられるもの
環境への思いやりと
人へのやさしさがあるもの
伝えていきたい日本の文化を
支えてくれるもの
アタラフルイ暮らしのものを
ご紹介します。

アタラフルイ商店LinkIcon